21.ポッドキャストの活用事例/経営者の志

投稿者: | 2018年2月26日

ポッドキャストの活用事例

配信者にとって:いつでもどこでも録音でき、配信できる
リスナーにとって:いつでもどこでも聴くことができる

人に会って話をする場合は、多くても数人、セミナーや講演会であれば、数十人~数百人の場合もあるでしょう。
ところが、ポッドキャストで配信すると、数千人~数万人~数十万人と影響力は格段に大きくなります。
声で思いを伝えられ、情報を分かち合うことができます。

放送とは違って、何度も繰り返して聴いてもらうことができ、ちょっとした隙間時間にも聴いてもらえます。

コンサルティングやコーチングをやっている方はご自身のサービスの説明が難しいこともあるでしょうが、ポッドキャストでリスナーの質問に応えることにより、それがサービスの疑似体験になります。

インタビュー番組では、自分のメディアを確立でき、リスナーが増えればゲストの方も出演メリットが生まれ、出演依頼をしやすくなり、会いたい人に会いやすくなります。

声を聴いてもらえれば、どんな人なのとわかってもらえる信頼の蓄積になります。
ビジネスにつなげられたり、想いを伝えることもできます。

そんなメディアのポッドキャストをどんどん活用してください。

経営者の志


私が経営者の方にインタビューする番組です。

経営者にはそれぞれの想い、「志」があって会社を経営しています。
その想いを聴くことによって、企業が何を目指しているのかもわかります。
自分が経営者の場合は特に、他の経営者の想いを聴くことはビジネスとしても参考になります。
そして、共感できれば、ビジネスパートナーとして一緒に歩んでいくこともできます。

経営者という視点で、経営者ならではの想い「志」を聞いて、伝えていきたいと思います。

今回で「ポッドキャストの配信で人生が変わる」は終了になります。
21回の配信で、ポッドキャストに関する基本的なことから、応用的なことまで伝えられたと思います。
また、ポッドキャストに関する新たな情報があったら、不定期で配信したいと思いますので、このまま登録していただけたらと思います。

引き続き、ポッドキャストに関する質問や、ポッドキャストを配信の相談は受け付けていますので、こえラボのホームページからお問い合わせください。

【番組情報】
iPhone, iTunesはこちら
Androidはこちら
himarayaはこちら
Webサイトはこちら

番組説明
経営者は志を持って、経営しています。
経営者の志を聴けば、目指している姿がわかります。
社会に対して、どのような貢献を志しているのか経営者にうかがっていきます。

配信者:株式会社こえラボ
カテゴリビジネスビジネスニュース
公開数:すべて
番組の時間:10分~20分
番組のタイプ:対談型