気持ちに向き合うカウンセリング:人の育ちを応援する「ホッと時間、楽する空間」

投稿者: | 2017年5月23日

心理カウンセリングというとどのようなイメージを持っていますか?

こんにちは。こえラボの岡田です。
私は、心理カウンセリングというと、うつ病など心に問題を抱えた人が相談に訪れ、直してもらうための方法のひとつかなと思っていました。

臨床心理士であり、一般社団法人 育ちネット多文化CROSSの代表理事の初田美紀子さんにお話をうかがいました。

臨床心理士は「心の問題にアプローチする心を扱う専門家」です。
ただし、悩みがあったり、嫌なことがないと相談できないのではなく、

「このままでもいいいのか?」
「高みに登りたい」
「もっとより良くなりたい」

というのも心の問題なので、人生全体に対して、相談に乗っています。

カウンセリングでは、答えは「悩みを持っている人の中にある」という考え方で、カウンセラーが導くものではありません。
二人で話していく中で、見つけていくことがゴールになります。

カウンセラーは気持ちを近づけて、どう感じているのか、どうなりたいのかを「気持ち」を基本に聴いていきます。そのあとどう感じるかはその人しだいです。

そうなんですね。
具体的な悩みがなくても、このままでいいのか? と不安に思うことも心の問題なんですね。
悩みがある人も、ない人も、今の状態から何か変えたいと思っている人に聴いていただきたいなと思います。
(実は、この番組は私がプロデューサーとしてだけでなく、ナビゲーターとして出演もしています。)

 

こころの問題を打ち明けるのは勇気が必要ですよね。
そのうえ、まったく知らない人に相談するとなると、さらにハードルが上がります。
そのような場合でも、ポッドキャストで声を聴いてみると、どんな人なのか想像できると思います。
しゃべり方や声のトーンで、優しい感じなのか、厳しい感じなのか、ゆるい感じか、きっちりした感じかなんとなくわかりますよね。

初田美紀子さんのお話を聴いていただくとわかりと思いますが、とても優しい感じで、ホッとして癒やされます。

声を聴いて、相談してみたいなと思っていただいたら、「育ちネット多文化CROSS」までご連絡いただければと思います。

 

また、初田美紀子さんは、ふだんカウンセリングをやっているので、お話するのは苦ではないとのこと。
一方で、文章を書くのは苦手とおっしゃっています。

ポッドキャストは、このようなカウンセラーにピッタリなメディアです。
自分も配信に興味があるなと感じたら、こえラボまでご連絡ください。
まずは、無料相談からお受けいたします。

iPhone, iTunesはこちら
Androidはこちら
Webサイトはこちら

番組説明
気持ち(感情)/自己理解/セルフケア/コミュニケーション/健全な自己主張、を題材にしながら、自分や家族との付き合い、仕事との折り合いをみんなで感じ、自分オリジナルな気付きを得て、気持ちを存分に動かしていく番組です。
ホッと息を抜くと、自分の空間が不思議と生まれる。ココロに正直でいることが難しくても、ココロは正直な自分を求めています。そして、最高な出会いに繋がることを応援します。
配信者:育ちネット多文化CROSS
カテゴリ健康 > セルフヘルプ
公開数:すべて
番組の時間:10分
番組のタイプ:テーマ型

コメントを残す