番組テーマの見つけ方

投稿者: | 2017年4月3日

ポッドキャスト番組の配信は書籍の出版に似ています。

書籍が番組に相当し、装丁はアートワーク、章がエピソードに相当すると言えます。
書籍のタイトルやテーマ決めが、番組のタイトルやテーマを決めるのに参考になります。

「本を出したい人の教科書」という書籍がとても参考になります。
この中から、ポッドキャストの番組テーマを決める際に参考になる内容を、ポッドキャストにアレンジして紹介します。

あなたの夢のタイプ

「あなたのかなえたい夢を書き出してください」

というと、たくさんの夢を書き出すと思います。
私たちは欲望の生き物です。
あれもしたい、これもしたいと欲張りますが、じつは、あなたの夢はたった3種類しかありません。

  1. ビジネスタイプ
  2. プライベートタイプ
  3. ソーシャルタイプ

あなたの欲望はどれに当たるでしょう?
これが、あなたの「属性」です。

自分の属性を知って、属性にあったテーマにする必要があります。
違った属性でテーマを選んでしまうと、だんだんと苦しくなって、続かなくなります。
長く続けるためには自分にあった属性をテーマにすることが大切です。

ビジネスタイプ(愛称:ビル・ゲイツくん)

「会社を大きくしたい」「もっと儲けたい」「いい商品を作りたい」

このように、仕事とお金が大好きなタイプです。
お金、仕事、成功、効率アップをテーマにするとよいでしょう。

プライベートタイプ(愛称:パーマン)

「高級車がほしい」「別荘がほしい」「海外旅行したい」

このように、ふらふらと、どこかに飛んでいくタイプです。
旅、グルメ、体験記、自由な生き方、趣味をテーマにするとよいでしょう。

ソーシャルタイプ(愛称:ドSくん)

「ボランティアしたい」「世のため人のために尽くしたい」「他人に奉仕したい」

このように、平和を好み、世の中を変えていきたいタイプです。
社会、家族、人間関係、学校、教育、医療をテーマにするとよいでしょう。

人生のポジショニング

あなたの「置き場所」であり、「位置」であり、「座標軸」であるのが、ポジショニングです。
つまり、あなたが「他人からどう見られたいか」「自分でどういう人生を歩みたいか」ということです。

人生のポジショニングは3つにわかれます。

  1. カリスマ
  2. 大家
  3. 職人

これは、だれもが少しずつ3つの要素を持っています。
それぞれの割合をパーセンテージで表してみましょう。

たとえば、「カリスマ度10%、大家度30%、職人度60%」のように書きます。自分の主観で構いません。
そして、2年後のポジショニングも書いてみます。
ポッドキャストの効果が出るのもそれぐらいの先になるので、目指す姿も書いてみましょう。

そして、目指しているポジショニングでテーマを選ぶことが大切です。
自分の目指すテーマと違うと、なかなか成果が現れません。

カリスマ(教祖)

いるだけでみんながやってくれる。
崇められる。

カリスマ(教祖)は、「自己啓発書」のジャンルにあたり、内容は「思想」です。

「人生」「哲学」「価値観」「教育」「ものの見方、考え方」をテーマにするとよいでしょう。

大家(専門家)

ノウハウを毎日仕入れて勉強している。
尊敬される。

大家(専門家)は、「ビジネス書」のジャンルにあたり、内容は「ノウハウ」です。

「手段」「手法」「やり方」「実務」「学問」「情報」を教える内容にするとよいでしょう。

職人(達人)

一つのことを極めたい。
評価される。
アーティスト、クリエーター

職人(達人)は、「専門書」のジャンルにあたり、内容は「たったひとつのスキル」です。

「技術」「経験」「解説」を深く追求するとよいでしょう。

過去、現在、未来から分析する5つの輪

テーマを見つけ出すには、あなた自身の人生を振り返り、客観的に分析することが必要です。
過去、現在、未来と3つの異なる軸から分析します。

  • 過去の輪:「お金」と「時間」
  • 現在の輪:「専門性」と「ネットワーク」
  • 未来の輪:「ライフワーク」

この5つの輪を書き出すことで、貴方自身の「こだわり」と「価値観」が客観視できます。
5つの輪の中心、「コアコンピタンス」と呼ばれる、核を見つけることで、あなたの才能を発掘できます。

5つの輪は、あなたの人生の「パノラママップ」であり、「宝の地図」となります。
ここから、USP(ニューク・セリング・ポジション)、つまり「個性的で、売り込みのできる、主張」を見つけることができます。

お金

ものを買ったり、サービスを受けたりするとき、お金以上の価値を見出しています。
今まで、どれだけお金をかけてきたかという観点で書き出します。

時間

時間をかけることも価値の変換です。
人生で一番貴重な時間よりも価値があると思って熱中したことを書き出します。

専門性

職業の他に、特技や趣味があります。
免許、資格、認定なども含まれます。
先祖代々の職業や、生まれ育った土地も専門性に入ります。

ネットワーク

「情報」と「人脈」にわかれます。
どんな情報を受信しているか、発信しているか。
どんな人たちとつきあっているかを書き出します。

ライフワーク

あなたが一生続けていくことです。
これをやり残したら死ねないと思っていることです。

タイトルには「新奇性」と「共感性」が必要

タイトルはアートワークと並んで、最初に目にするものなので、とても重要です。
タイトルには「新奇性」と「共感性」が必要です。

新奇性

新奇性とは、「なるほど、そうだったのか!」という新たな気づきのことです。
一般的に新しいことを意味する「新規性」という漢字ではなく、奇抜の「奇」を使って「新奇性」と表現します。

つまり、今までにない、全く新しいものという意味です。

共感性

共感性とは、「そうそう、その気持ち、よくわかるよ」という一体感のことです。
リスナーが潜在的に持っている悩みや心配事をうまく表現するタイトルです。

まとめ

テーマを探すためのヒントが多くあります。
長く続けるためにも、自分にあったテーマを選ぶことが大切です。

ご紹介した方法を参考に、テーマを探してみてください。

【参考】 本を出したい人の教科書 ベストセラーの秘密がここにある 吉田 浩 (著)

コメントを残す