ポッドキャストの歴史

投稿者: | 2018年6月1日

ポッドキャストのサービスがいつごろから開始して、現在どのような状況なのか、ポッドキャストの歴史をご紹介します。

ポッドキャストサービスの開始時期

ポッドキャストは2005年よりブログ・ポータルサイトでサービスを開始しました。

2005年2月よりブログ・ポータルサイトのSeesaa BLOGやケロログが相次いでポッドキャスト配信サービスを開始。
2005年6月末にアップルコンピュータのiTunesがポッドキャスト・アグリゲータとしての機能を提供開始。
続いてニフティがポッドキャストRSSを任意のウェブログに追加することを可能にする「Podfeed」サービスを提供開始。

これにより、ポッドキャスト一気に普及しました。

ウィキペディアを参考

ポッドキャストの停滞期

しかし、開始当初はポッドキャストを聴く手順が複雑でした。
iPodやウォークマンなどのポータブルプレーヤーで聞くことができましたが、パソコンでダウンロードして、その音声を同期処理する必要がありました。
そのため、なかなか普及率は上がりませんでした。

スマートフォンの普及

その後、2011年からスマートフォンが普及するようになって、徐々に利用者数が増えていきました。

そして、2013年には購読数が10億を突破しました。

2014年秋 iOS7からiPhoneの標準アプリとなり、ますます利用者が増えています。
やはり、標準アプリとなり、使いやすくなると利用者も増えてきたようです。

そして、2016年には米国とカナダのみですが、Google Play Music でポッドキャストを聴くこともできるようになりました。

Google Play MusicはAndroidの標準アプリですので、ますますスマホでの普及が進むでしょう。

スマートスピーカー

そして、2017年にGoogle Homeをはじめ、スマートスピーカーが普及し始めました。

Google Home

Google Homeは声で情報を収集することができる情報端末です。例えば、ニュースを聴いたり、天気を確認したり、キッチンタイマーになったり、電卓になったりと、いろんなことを声で操作できるようになりました。
音声認識の技術が発達したためです。

そして、ポッドキャストのGoogle Homeから聴けます。
たとえば、「OK,Google、最新のポッドキャストを使って<こえラボ>を再生」と話しかけると、こえラボが配信している『ポッドキャストの配信で人生が変わる』の番組が再生されます。

詳しくは「Google Homeで「こえラボ」プロデュースのポッドキャスト番組が聴ける!」を参照してください。

このように、ポッドキャストもどんどん進化を遂げています。
ラジオがなくならないように、音声メディアを好む人も多くいます。
これから、ますます普及されると思いますので、早いうちに音声配信を取り組んでみてはいかがでしょう。

ポッドキャストを配信してみませんか?

こえラボでは、ポッドキャストの配信をプロデュースしています。
下記のようなお悩みがある方は、無料相談を受け付けていますので、ぜひ下記のフォームからお問い合わせください。

  • 限られた予算で配信できるのか
  • 収録方法を教えて欲しい
  • 自分のイメージする番組でも作れるのか

など、様々な疑問にお答えいたします!

ご相談カテゴリ(必須)
ポッドキャストに関すること有料コンテンツ販売に関することWebメディア診断・発信サポートに関すること

ご相談方法(必須)
対面で相談したい電話で相談したいメールで相談したい

電話番号

ご希望日時
対面/電話をご希望の場合は候補日を2~3ご記入下さい。

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れてください。

コメントを残す