ポッドキャストのランキングの仕組みと5つの攻略法

投稿者: | 2018年5月14日

ポッドキャストのランキングですが、Appleから仕組みは公開されていません。
ただ、今までの経験からある程度傾向がつかめてきました。

結論としては、

新規購読者の数

でランキングしています。

別のポッドキャスト番組に紹介されると一気にランキングが上がります。
また、メルマガで告知しても上がります。

一方で、繰り返し多くのエピソードが聴かれていても、ランキングに影響されていないようです。
また、新規配信をずっとやっていない番組でもランキングが上位に来ている場合があります。
それは、新しく登録する人にとっては、更新されているかどうかはそれほど重要ではなく、聴いてみたい番組かどうかが関係するからです。

このことからも、新規購読者数がランキングに影響しているといえます。

ポッドキャストのランキングを上げる攻略法

では、ランキングを上げるための5つの攻略法をお伝えします。

自分のメディアを使って購読をアピールする

番組を開始したことや、新しいエピソードを配信したことを、持っているメデアで積極的に伝えてください。
そして、iPhoneアプリで「登録」してもらったり、iTunes Storeで「購読する」を押してもらうようにアピールしてください。
(iPhoneアプリとiTunesでは名前が違います)

「登録してもらうと、自動で配信されるので聴き逃しありません。」と伝えていただくと良いでしょう。
ポッドキャストの番組内で登録を促すことも大切です。

facebook、twitter、ブログ、メルマガなど、ご自身で使っているあらゆるメディアで伝えてください。
せっかく持っているメディアでお伝えしないと、配信していることを知ってもらう機会がありませんので、非常にもったいないです。
ぜひ、いろいろなメディアでお伝え下さい。

聴き方、登録の仕方をわかりやすく説明する

人は新しいことに取り組むのは、とても抵抗があります。
よほどメリットを感じるか、簡単だと感じない限り新しいことをはじめてくれません。

そのため、ポッドキャストを聴くのは難しくないことをわかっていただくためにも、聴き方や登録方法はできるだけ丁寧に説明して、途中で挫折させないように心がけてください。
難しいと感じたら聴いてもらえません。

ポッドキャストステーションの「ポッドキャストの聴き方」を参考にしていただいたり、リンクを張っていただいて構いません。
ご活用ください。

聴きたくなるアートワーク、聴きたくなるタイトルを付ける

多くの方は、「ランキング」や「おすすめ」から番組を選びます。
その一覧に表示されるのはアートワークと呼ばれるイメージ画像と番組タイトルです。
まずは、これを見ただけで選ばれる必要があります。
そのため、アートワークとタイトルは非常に重要となります。

「聴いてみたいな!」「興味あったんだよな」と思っていただける番組イメージ・番組タイトルをつけましょう。
素人感が出ないように、できればデザイナーにジャケットイメージを作ってもらったほうがいいです。

インターネット上で有名なゲストに出演いただく

ポッドキャストはインターネットと非常に親密な関係にあります。
リスナーにはインターネットを活用している方が非常に多くいます。

そのため、インターネット上で有名な方、例えばアルファブロガーに出演いただき、番組を紹介いただけると、一気にランキングが上がります。
ゲスト出演いただく方の影響は非常に大きいです。

逆に、一般的に有名な方でも、インターネット上で知名度が低い場合は影響が限定的です。

「ゲスト型」のタイプで配信している場合は、有効に活用いただきたいです。

ポッドキャストの人気番組に出演して自分の番組をアピールする

一番直接的に影響が大きいのは、すでに人気のあるポッドキャスト番組に出演することです。
すでにポッドキャストのリスナーが、新しく面白い番組を発見した場合、新たに番組登録するのはそれほど苦になりません。
そのため、ポッドキャストのリスナーに直接アピールすることができる、ポッドキャスト番組に出演することはとても有効です。

ただ出演するだけではなく、ぜひ番組のことを紹介して、魅力を伝えてください。
そうすれば、すぐにでも登録車が増え、ランキングが一気に上がります。

以上、5つのポイントを活用すればあなたの番組もランキング上位になること間違いありません!
ぜひ、参考にしてください。

ポッドキャストのランキングの仕組みと5つの攻略法」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ポッドキャストのランキング分析 | ポッドキャスト ステーション

  2. ピンバック: ポッドキャストのランキング分析 | 株式会社こえラボ

コメントを残す