動画の次はオーディオ、群雄割拠のメディア界で成長を続けるポッドキャスト

投稿者: | 2017年4月17日

Tech Crunchに下記のニュースが掲載されていました。

動画の次はオーディオ―、群雄割拠のメディア界で成長を続けるポッドキャスト

アメリカのデータですが、
「過去6年間の間に、12歳以上のアメリカ人でポッドキャストを聞いてことがある人の割合は、23%から36%へと13%増加した。」
とあります。

テレビやウェブメディアに比べれば、ポッドキャストの規模はまだ小さいですが、毎日移動する無数の長距離通勤者にとって、ポッドキャストは欠かせない存在となっているようです。
つまり、ポッドキャストは新時代のラジオトーク番組となり、(少なくとも調べられる範囲では)公共ラジオのリスナーの支持を獲得しつつあるようです。

アメリカではオーディオブックも普及していて、日本より音声を聴く習慣があります。
そのため、より普及が進んでいると思われます。

ただ、ツールが良くなって、手軽に聞けるようになれば、日本でも普及してくるでしょう。
あわせて、コンテンツの質も向上してくれば、リスナーも確実に増えるでしょう。

今後のポッドキャストがますます楽しみです。