連載形式のポッドキャスト、小説のようなポッドキャスト

投稿者: | 2017年4月24日

『WIRED』にこんな記事が掲載されていました。

実験的な番組でヒットを飛ばすポッドキャスト制作チーム「Serial Productions」

海外ではポッドキャストがどんどん進化して、ヒットを飛ばしているようです。

Serial」は人気ラジオ番組のスピンオフ作品で、実際にあった犯罪を調査するポッドキャスト番組です。
木曜の朝になると、何百万人ものリスナーが新しいエピソードを視聴するために彼らのサイトを訪れたそうです。

次に手掛けた「S-Town」の中心テーマは、2つの「迷路」です。
ひとつは、生け垣でつくられた複雑な迷路で、もう一つはS-Townそのもので、嘘と謎だらけの迷宮のような物語とのこと。

このS-Townは小説のように話が展開するので、リスナーは思わず聴き続けてしまうようです。

「ラジオ向けのノンフィクションのエッセイ、それも逸話がちりばめられた、人の心を惹きつける作品だってつくれます。次はそういった番組に挑戦できれば、と思っています」と製作者は語っています。

 

日本でも似たような番組がないか、少し調べてみたのですが、見つからないですね。
文学作品の朗読はありましたが、ストーリーが展開される番組はなさそうです。

日本でもこんな番組があれば面白いかも。

コメントを残す